グリーンレーザースキャナ「RIEGL VQ-840-G」搭載ドローンの、テストフライトに同行しました!

2020年11月13日
コラム

金井度量衡では2020年夏、最先端のグリーンレーザースキャナ「RIEGL VQ-840-G」搭載ドローンの、テストフライトを行いました。

今回のテストフライトは、お客様に納品する機体の最終確認。操作を行うのはお客様であり、金井度量衡はそばで様子を見守りました。

納品先のお客様は、私たちと同じく、ドローンを使った測量を生業とする企業様です。安定感のあるフライトを行っており、同業である私たちにとっては、見ていて楽しいフライトでもありました。

今回は、テストフライトを行った機体やグリーンレーザーについて解説。テストフライトに使用した「RIEGL VQ-840-G」の詳細についても、お伝えします。

グリーンレーザーとは?


※写真はイメージです

グリーンレーザーは、陸上と水中、両方を同時に測量できるレーザーです。

ドローンでの測量に広く使われている「近赤外線レーザー」は、水や黒色の対象物を測量できません。河川や湖などの周辺を、ドローンで空から測量する場合、地上と水中で2回の測量をしなければならず、時間と手間がかかってしまうという問題がありました。また、濡れた地面の測量もできないため、雨の後は地面が乾くのを待たなければなりません。

一方、グリーンレーザーは水を透過するため、陸上と水中を同時に測量できます。

陸上と水中を別々に測量する必要も、濡れた地面が乾くのを待つ必要もないグリーンレーザー。測量にかかる時間と手間を大きく減らす、画期的なレーザーといえるでしょう。

グリーンレーザーは、どうして水中を測量できるの?


※写真はイメージです

グリーンレーザーを使った水中の測量では、水面と水底、それぞれからレーザーが反射される時間を計ります。

そもそも測量に使われるグリーンレーザーは、「近赤外パルス」と「グリーンパルス」と呼ばれる、2種類の波長で構成されるレーザーです。

グリーンレーザーを河川や湖などに向かって放出すると、まずはレーザー内の近赤外パルスが水面で反射されます。

一方、レーザー内のグリーンパルスは水面を通り抜け、水底まで届きます。水底まで到達したグリーンパルスは、近赤外パルスと同じように水底で反射し、機体まで戻ってきます。

つまり、グリーンレーザーを放出することで、水面と水底、2つの反射時間がわかるのです。

同一地点に対する、2つの反射時間の差を計算することで、水深を算出。ものすごいスピードで同じことを繰り返し、レーザーが反射したいくつもの「点」を繋ぎ合わせることで、水中の地形を立体的に測量します。

ドローン本体とレーザーの仕様

グリーンレーザーによる測量について、イメージが沸いてきたでしょうか。次は、今回使用したドローン本体と、グリーンレーザースキャナの仕様についてお伝えします。

【テスト機体の仕様】
ドローン本体:ALTA X
グリーンレーザースキャナ:RIEGL VQ-840-G

ドローン本体は、日本ではほぼ販売していない「ALTA X」を用いました。「ALTA X」の最大積載量は15.9kgと、非常にパワフル。今回はレーザーのみを搭載し、カメラは搭載しませんでしたが、両方を搭載しても問題ないパワーがあります。

「RIEGL VQ-840-G」は、テストフライトを行った2020年8月現在、日本では一般販売されていませんでした。

2020年9月29~30日に行われる「JapanDrone2020」にて本邦初公開されたものですが、メーカーと直接取引していた弊社は、先んじてその性能を体感できました。

「RIEGL VQ-840-G」による測量について

「RIEGL VQ-840-G」による測量方法について、お伝えしましょう。

「RIEGL VQ-840-G」は、本体下部にレーザー放出口がついています。

測量をする際は、レーザー放出口から下方向に向けて、楕円形を描くようにレーザーを連続放出。レーザーは1秒間に最大100回放出され、陸上と水中、両方の地形を同時に測量します。

なお、「RIEGL VQ-840-G」から放出されるレーザーは、肉眼で直視してはいけません。

「RIEGL VQ-840-G」を使い測量する際は、レーザーを直視してしまわないよう、機体との位置関係に気を付けてください。

グリーンレーザースキャナ「RIEGL VQ-840-G」搭載ドローンのテストフライトを終えて


※写真はイメージです

今回のテストフライトは、お客様へ納品するドローン・レーザーのものでした。フライトはお客様が行い、金井度量衡はそばで様子を見守りました。

「RIEGL VQ-840-G」には、レーザーを直視してはいけないという注意点はあるものの、フライトを行うのは普段からドローンを扱っているお客様。さすがに手馴れた様子であり、私たちも安心してフライトを見守ることができました。

金井度量衡では、お客様の要望に合わせたドローンのカスタマイズ、提案をしています。弊社スタッフによる点検・テストフライトはもちろん、最終確認としてお客様によるテストフライトに同行し、万全の状態で機体を納品できるよう心がけています。

普段からドローンを活用している方も、ドローンの導入は初めてという方も、金井度量衡にぜひご相談ください。

お客様それぞれに合った機体の提案から、運用中のサポートまで、金井度量衡が心を込めて対応いたします。

お問い合わせはこちら